001_002.gif(3763 byte)  HONDA X4 private funsite

ABOUT

X4とは
登場 1995年10月、第31回東京モーターショーにコンセプトモデル「X-4」として参考出品。
発売 1997年2月21日に「X4」として正式発表され、翌月3月15日に販売開始。2003年、生産終了。
形式 SC38型。1998年より発売開始されたCB1300SF(SC40)はエンジンを共通(一部除く)とする兄弟車と言われる。
評価 発売開始から10月までの国内登録台数累計では3,514台で大型二輪販売数第1位を記録。翌年、CB1300SFにその座を譲る。
モデル 初期モデルは1997年から1999年まで発売。2000年よりハンドルを高く、シートを低くしたtypeLDを発売
生産工場 本田技研工業浜松製作所(現、四輪車用トランスミッション製造部)

各モデルについて

年式による違い
1995年 以下3色を発売。
・マットビュレットシルバー(通称ガンメタ) NH-389M
・キャンディモールトンブラウン(通称マルーン) YR-192C
・ピュアブラック NH-237P
フレームナンバー CB1300DCV SC38-1000001~
1998年 フォースシルバーメタリック NH-411Mを追加。
フレームナンバー CB1300DCW SC38-1100001~
1999年 燃料タンクエンブレムをデカールからメッキモールドに変更し、カラーリングを以下の3色に変更。
・マットビュレットシルバー NH-389M
・フォースシルバーメタリック NH-411M
・パールプリズムブラック NH-418P
フレームナンバー CB1300DCX SC38-1200001~
2000年 車名をX4 Type LD(Low Down)に変更し、車体のセッテイングを変更。
・サスペンションを別体タンク付に変更し、シート高を730→720mmにダウン。伴いサイドカバーを小変更。
・ハンドル位置を手前に20mm 上に35mmアップ。
・平成12年排気ガス規制に適合するため、二次空気導入装置を装着し型式名をBC-SC38に変更。
カラーリングを以下の2色に変更。
・パールプリズムブラック
・パールクリスタルホワイト NH-193P
フレームナンバー CB1300DCY SC38-1210001~
2003年 プロス店特別限定200台のブラックスペシャルを発売。
・エンジン、車体各部をブラック仕上げ。
※クランクケース、シリンダー、前後ホイール、ステップホルダー、タンデムグリップ、
 トップブリッジステアリングステム、タンクオンメーターカバー等。
・販売店オプションとしてヤマモトレーシング社製の2本出しスリップオンタイプのサイレンサーを採用。